パリCDG空港から市内中心部までのアクセスをご紹介

パリCDG空港から市内中心部までのアクセスをご紹介

フランス / パリ

投稿者:JCBプラザ・スタッフ

パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG空港)から市内までのアクセスの案内です

日本やアジア各国からフランスへの直行便は、CDG空港へ到着します。

ご宿泊の場所や荷物の量などから、最適な交通手段をお選びください。

ここでは、基本情報のほか、実際に交通機関を利用した方々の体験談もご紹介します!

JCBプラザ ラウンジ・パリにご来店のお客様の声、スタッフ関係者の声など、個人の経験に基づくものです。

ご参考にどうぞ!

 

 


 

✈️  目次 ✈️  

 

 

 


 

空港シャトルバス「ロワシーバス(RoissyBus)」

 

♦️パリOpéra*発始発5:15AM、最終0:00AM(深夜)。(発着場所: 11, rue, Scribe, 75009 下の地図をご参照ください。)

ターミナル(以下T)T1-T2A, T2B, T2C-T2D-T2E-T2F, T3 の順で停まります。

 

♦️CDG発始発6:30AM、最終0:30AM(深夜)。

T1-T2BD-T2AC-T2EF, T3に専用バス停があります。

 

♦️運行間隔 : 15〜20分に1本。

♦️所要時間 : 約60〜75分。

♦️運賃 (3歳以上): 13.70EUR。3歳未満無料。 ※ParisVisit 1-5 ZONEお持ちの方は、追加料金なしで乗車可能。

 

 

ご利用時の体験談・感想

・昔はなかったけど今は音声案内に日本語もあって便利!古い車種に当たっても英語はあります。モニターもあって、次の停車ターミナル案内もわかりやすくなりましたね。

・スムーズな時は45分くらいでつきましたが(特にANA便はターミナル1なので先について便利でした)、渋滞の日は1時間半以上かかりました!

・券売機が壊れていて直接運転手から現金で買うことに。現金が余っててよかったです。

・タクシーではないので、荷物は自分で上げ下げ必要です。しかも混んでいるとラックスペースに限りがあり、1時間少々つらい体勢で荷物を抑えなければならないときもありました(でもほとんどの場合、ラックにいれられます。混んでそうなら、余裕をもって行き、次のバスに乗るのもひとつの手ですね。)

・ロワシーバスは場所も良いところにありますし、乗ってしまえば空港直通なので楽ですね。が、私は荷物の多さで決めてます。自分で責任もってバス停まで持っていける範囲(万一スリに狙われてもどうにか気づける範囲)以上になったらタクシーを使うようにしています。

・出張でパリにきて、同僚と2人でバス停で待っていたら、いつのまにかキャリーケースのポケットに入れていたチケットと財布をすられていました!歩いてJCBプラザラウンジ・パリで手続きしてもらいましたが、焦りました・・・これはパリの人が多い場所はどこでも要注意ですが、犯人を見ていないのでいつの間に?!と思い怖かったです。

 

 

 

空港シャトルバス「バス・ディレクト(Bus Direct)」

 エッフェル塔や凱旋門などから発着していたBus Directですが、あいにく2020年8月にサービス終了しました。(ご利用の方も多かったため、お知らせとして掲載します)

 

郊外と市内を結ぶ近郊ライン電車 RER - B線

♦️ パリ中心部発 「シャトレ・レアル(Châtelet – Les Halles)駅」発の場合:始発5:26AM、最終0:11AM(深夜)。

♦️CDG発:始発4:50AM、最終11:50PM。

ターミナル1ご利用 「Aeroport CDG1」駅とターミナル1の間は、無料モノレール「CDG VAL」でアクセス可能です。

ターミナル2ご利用 「Aeroport CDG2」駅とターミナル2の間は、徒歩でアクセス可能です。

ターミナル3ご利用    「Aeroport CDG1」駅とターミナル3の間は、徒歩でアクセス可能です。

 

♦️ 運行間隔 :6~15分に1本。

♦️ 所要時間:シャトレ・レアル(Châtelet – Les Halles)駅の場合、約40分

♦️ 運賃 : 10歳以上10.30EUR、4~9歳7.00EUR、3歳未満無料

 

ご利用時の体験談・感想

・市内に向かう途中、ほんの数十秒ラックにPCケースをおいて、リュックを確認してたらPCケースが盗難にあいました!スーツケースまるごと持っていかれた友達もいたのでそっちは足で挟んでいたのですが。一瞬でした!特に、ドアの開閉時は人の出入りがあるので気を引き締めて。

・乗ろうとしていた電車が、突然「Supprimé(キャンセル)」と表示がでて、待ち時間が15分延びました。余裕を持っていたので間に合いましたが次回の旅行はこういうこともあるんだと勉強になりました。

・今まではタクシーを使っていましたが、今回はひとり旅で荷物も大きいリュックひとつだったのでRERを利用してみました。早くてよかったです!RER-B線沿いの駅に宿泊するのもポイントかも。

・私はRER-B線の駅に行くまでメトロを利用したらメトロは階段だらけで、しまいには北駅のエスカレーターが故障で(←これ、旅行中結構ありました😖)スーツケースを運ぶのに苦労しました。頼んでもないのにサッと手伝ってくれた地元の方に感謝😄。フランスの人の優しさに触れました。

・ロンドンからユーロスターで到着したので、便利な北駅(RER-B線)近くに泊まりました。が、当日はあいにくのストライキで利用できませんでしたのでタクシーに変更。チケットまだ買ってなくて良かったです。タクシーもストライキのせいで混んでいて出発便の5時間半前にホテルを出ました。無事に間に合いました!

・何事もなくスムーズでした。でもLes Halles駅から乗ったのですが駅構内と車内の雰囲気がちょっと怖かったです。

 

 

タクシー

 ホテルに事前に呼んでもらうか、またはタクシーステーションの場所を事前にチェックしておきましょう。道で拾うのは至難の業です。
ホテルはタクシー会社とあらかじめ契約しており、パッケージ料金を提示してもらえる場合もあります。各ホテルへご確認ください。

 

♦️ 所要時間 :  (CDG空港=オペラ地区間の場合)約45分~
♦️ 基本運賃   : 直行定額片道運賃(往路・復路とも)    パリ右岸/左岸:53/58EUR。
(※2016年3月より、CDG空港=パリ市内間の料金が一律化されました)

 

 

 

ご利用時の体験談・感想

・CDG空港のタクシー乗り場が長蛇の列で、待っていたら「こっちの方が早いよ!」と笑顔で声をかけられてついていったら無許可タクシー(白タク)でした。タクシー乗り場だからと油断したらダメですね~!

・ひとり旅。荷物が多かったのでタクシーにしました。昔は渋滞のたびにメーターをドキドキして見ていましたが、今は一律料金で旅行者にはやさしくなりましたね。

・私はいつもふたり旅でタクシーです。ただ、基本的に3人までしか乗れないので、先日4人旅の時は大きいタクシーをホテルに呼んでもらいました。停車中のタクシーに乗る時は1台に乗れたこともあれば、わかれて2台になったこともあります。

・パリは一方通行がすごく多いので、遠回りの印象を受けますね。騙されているのではないかと思ったこともあります。でもとりあえず空港=市内は一律になったので時間がかかっても安心です。

・乗車前カードで支払えるか確認していたのに、到着して支払うとき現金しかダメと言われ、近くのATMまで案内するからキャッシングしてと言われました!(※実際、通してみても車内だとうまく通らないことや端末に不具合が生じている場合もありますので、念のため現金を用意しておくとベターです)

・旅慣れていなくてタクシーを呼んでもらったのですが、CDG空港のどのターミナルか調べていなくて運転手に聞かれたときは少し焦りました。(※ターミナルがチケットに記載されていない場合、ブログ下部のリンクからチェック可能です)

・電車もバスも利用したことがありますが、タクシーは荷物を運ぶ体力もいりませんし、完全プライベートなので気分的にもすごく楽でした!人それぞれですが、私はタクシー以外は考えられないです😂

 

 

配車アプリ(Uberなど)

配車アプリを使い慣れている方には便利ですが、空港では出会いにくい場合が多いため市内発をおすすめします。

万一、出会いにくい場合は、電話がかかってきたり、コミュニケーションがうまく行かないとキャンセルされることもあります。
あらかじめ各社の規約を確認、合意のうえ、ご利用ください。

 

♦️ 所要時間  :  (CDG空港=オペラ地区間の場合) 約40分~ 

♦️ 運賃  :  タクシーのように固定料金ではありません。ピックアップ場所や車種によって異なります。

※事前に日本でアプリをインストールし、JCBカードをご登録ください。

 

 

ご利用時の体験談・感想

・年に数回パリに来ます。空港だけでなく市内の移動もUberを使っています。今までとくに問題はなかったですが、ドライバーの当たり外れはありますね。英語がほぼ話せないドライバーも沢山います。

・大きなホテルに泊まっていたため、予約時間帯に同じような車が出入口付近に多く停車していて迷いました。予約時間を過ぎたころ電話がかかってきて、お互い英語が微妙でしたが数分後に会えました!たまたま電話がつながる設定にしていてよかったですが、今まで海外旅行では通信ストップしていることが多かったので、これからは気をつけようと思いました。

・スリ対策で「スマホを見ながら歩くのはNG」と言われていたので、繁華街のプチホテル前でいかにも旅行者の装いでスマホをチェックするときはちょっと緊張しました(ひとり旅だったので)でもサービス自体はスムーズでした。

 

~ まとめ ~ 各交通手段の利点・欠点

それぞれ、利点・欠点がありますね。様々なお声をまとめましたので、ご参考にどうぞ。

みなさま、BON VOYAGE ボン・ボワイヤージュ(良い旅を )!!

手段 利点 欠点 どんな方におすすめ?
タクシー  プライベート感、速め、固定料金、とにかく楽(宿泊地から出発できる) やや料金高め、渋滞リスク、無許可タクシー(白タク)注意。 節約旅でなければどんな方にもおすすめ。
ロワシーバス オペラ座の立地、料金安め バス停までの荷物運び、渋滞リスク、直行だが各ターミナルで停車するためタクシーより時間かかる。 オペラ座近くに泊まっている方におすすめ。
電車(RER線)  渋滞知らず(速め)、料金安め 階段を覚悟、治安悪め(盗難注意!)、ターミナルによってはアクセスに時間がかかる、ストライキの際運休やダイヤ乱れが起きやすい。 RER-B線の駅近くに泊まっている方、地元電車利用に慣れた方におすすめ。
配車アプリ 速め、プライベート感、予約時に車種や料金がわかる、とにかく楽(宿泊地から出発できる) やや料金高め、渋滞リスク、ドライバーと出会いにくい場合あり、慣れていなければスマホ操作の手間。 日頃からアプリを使い慣れている方、場合により旅慣れた方におすすめ。


 



コロナ禍のCDG空港利用者の体験談

下は、交通手段に直接かかわらない事象もありますが、コロナ禍(フランス1回目のロックダウン2020年3月以降)にCDG空港利用された方々の経験談です。情勢により感染対策などが変わりますのでご注意ください。

 

❗️ RER線は運行本数がかなり少なくなっていたので、まだ運行状況が安定しているロワシーバスを利用しました(2020年10月利用)

❗️ ロワシーバスは事前にチケットの用意が必要で運転手から直接購入できないようになっていたので、メトロ駅で買いました(2020年9月利用)

❗️ タクシーなどの車内はウイルス感染予防対策で、ドライバー席と後部座席との間に仕切り板がありました。乗客用の消毒液は、用意があったりなかったりでした。基本は自分で用意しておいた方がよさそうです。

❗️ CDG空港のタクシー乗り場はかなり空いていました。(2020年10月利用)

❗️ ターミナル2E利用しましたが、いつもは免税店でにぎわっていますがCOVID-19の影響でほとんど閉店中でした。お買い物はできる限り市内で先に済ませておいた方がいいですね。(2021年3月利用)

❗️ 全日空は通常はターミナル1ですが、COVID-19による大幅減便により、ターミナル2Eに変更になっていました。(2021年3月利用)

 

✈️✈️✈️ ターミナルは下のWEBページから事前にご確認ください。

※公共の交通機関では、あいにくJCBカードが利用できません。現金をご用意ください。
※JCBプラザ ラウンジ・パリでは、ご予約の代行や、予約内容のお問い合わせは承っていません。
※株式会社ジェーシービーでは、スマートフォンアプリやオンラインストア利用でのトラブルに関して一切責任を負いません。

※上の情報は、2021年5月下旬のものであり、営業状況は施設の都合や情勢などにより予告なく変更となる場合があります。
 

 

◎お問い合わせ (JCBカードをご用意ください)

日本から(お電話):JCBプラザ ラウンジ・パリJCBプラザコールセンター(日本)

現地にて(お電話・ご来店):JCBプラザ ラウンジ・パリ