<アメリカ発>ニューヨーク市ワクチン接種証明書の提示義務化について

<アメリカ発>ニューヨーク市ワクチン接種証明書の提示義務化について

アメリカ本土 / ニューヨーク 他4都市

投稿者:JCBプラザスタッフ

※画像はイメージです。

 

ニューヨーク市では、屋内活動に対する「ワクチン接種証明書」もしくは「ワクチンパスポート」の提示が、2021年8月17日(火)より開始となり、9月13日(月)より義務化となりました。

12歳以上の利用者が対象で、レストラン・映画館や美術館を含むエンターテイメント会場などの施設で提示が求められ、9月13日からは違反者は罰金の対象となります。

●ワクチン接種を証明する書類
・NYC COVID Safe App
・Excelsior Pass
・CDC Vaccination Card
・NYC Vaccination Record
・ニューヨーク市以外または米国外で発行された公的な接種記録

(下の情報記載が必要)
◎氏名
◎生年月日
◎接種したワクチンの名称(WHOが承認したもののみ:ファイザー、アストラゼネカ、ジョンソン&ジョンソン、モデルナ、シノファーム、シノヴァック、セラム・インスティトュートオブインディア )
◎接種日
◎接種場所または接種担当者名
 

ニューヨーク市のワクチン接種会場や、コロナウイルスに関する情報については、在ニューヨーク日本国総領事館の公式サイトで確認するか、電話でお問い合わせください。
 

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、未だ各施設では予告なく営業時間の変更や臨時休業をしている場合があります。

店舗の営業体制については、店舗に直接お問い合わせください。
 

また、ニューヨーク市以外でも地域によっては、飲食店・娯楽施設などでワクチン接種証明書やPCR検査や抗原検査の陰性証明提示を求められることがあります。州・郡・市により状況が異なるため、渡航時にはその都度ご確認ください。
 

ニューヨーク市を訪れる際は、ワクチン接種証明書/ワクチンパスポートをお忘れなく!

※上の情報は2021年9月中旬のものであり、内容は予告なく変更となる場合があります。