台湾

旅する前に、おトクを検索。たびらば 旅LOVER

presented by JCB

たびらばとは?

※2文字以上で入力してください。

レジャー
  • 台北
  • 投稿者:JCBプラザスタッフ
  • 2020.05.19

ランタン(点灯)あげの街~十分(シーフン)への行き方~ローカル電車平渓線の旅

台北郊外にある、願い事を書いたランタン(点灯)をあげられることで人気の十分(シーフン)

台北から台湾鉄道+平渓線を利用した行き方をリポートします。

また十分駅周辺の散策と、意外と知られていない平渓線の終点菁桐(チントン)駅も紹介します。

 

笑い今回のスケジュール笑い 

台湾鉄道 台北駅→瑞芳駅まで。瑞芳駅で平渓線に乗換、十分駅→菁桐駅


~ここからは実際にへ行ったとき(2017年9月)のレポートです~

鉄道の時刻表や現地の状況は予告なく変更となる場合があります。


 

 

朝9:30AM頃、台北駅(台北車站)に到着。電車の切符を買います。


 

 

 

購入窓口は①~⑪のうちシャッターが開いている窓口です。列に並んで待ちましょう。

往復切符も購入できますが帰りがいつになるか分からないので、今回は行き(台北→瑞芳)のみ購入。


 

 

台北→瑞芳の便は、1時間に2~3本出ています。特急、準急、各駅停車で時間は40分~1時間ほど。

駅員さんに筆談で「今日、台北→瑞芳、単程(=片道の意)」と伝えると、時刻表を教えてくれました。

台湾鉄道公式HP(日本語あり)から時刻表を検索することもできますよ。 

 

指定席のある莒光号642便(台北10:11AM発~瑞芳10:57AM着)が空いていたので、この電車に決定!

片道NT$59と格安です。お支払いにはJCBカードが利用できます。

 

 

 

次は平渓線の切符を買います。平渓線の片道切符もこの窓口で購入できますが、今回は十分と終点菁桐の2ヵ所に立ち寄るため平渓線一日乗車券を購入することにしました。係の方が「一日券は12番窓口ですよ」と教えてくれました(↓)。

 

 

 

12番窓口へ。平渓線一日乗車券はNT$80でした。JCBカードが利用できます。

 

 

莒光号(2号車23番席)と平渓線一日周遊券。

  

 

 

さっそく乗車ホームへ移動します。掲示板でプラットホーム(月台)を確認すると「4A」でした。

 

 

地下プラットホーム。座席のある2号車の入口近くで待ちます。莒光号が入ってきました!

 

 

 

車内の様子。座席番号が書いてあるのですぐ見つかりました。定刻とおり10:11AMに出発です。

 

 

 

台北から離れるとどんどん車窓からの風景が変わっていきます。


 

 

約50分で瑞芳駅に到着。定刻より数分ほど遅れて到着したため、平渓線の出発時間まで少ししかない~エール

 

 

 

  

乗換のホームまでへ急ぎます(駅構内での移動です)!


 

 

間に合いました!!かわいらしい黄色の車体の平渓線。

※平渓線は1時間に1本しかないため、事前に台湾鉄道定期行駛列車時刻表(平渓線情報ありを見て旅行を組み立てましょう!

 

     

十分で人が降車した時に車内を急いで撮影。人がいなくなると丸い壁が...こんな壁初めてみました。


 

 

平渓線に揺られること約40分。「十分駅」に到着しました!人で混雑しているため足もとと貴重品にお気を付けください。

   

店頭でマンゴー、スイカなどのフレッシュジュースの販売が!

   

ランタン屋さんが立ち並んでいます。

   

叶えたい願いによってランタンの色が変わります。今回は欲張って4色ランタンを選びました。

 

 

「白」の面には未来への願いを書きました。

 

 

 

 

」は健康を願って。空の台湾の神様にも通じるよう中国語で書いてみました。

  

中に燃料を入れるとだんだん膨らんでいきます。わぁ~本当に飛んでいきました。

  

空高く飛んで行くランタン。まっすぐに飛んでいくと願いが叶うそう。この日は風もなく、まっすぐ天に吸い込まれていきました笑顔

※飛ばされたランタンは、業者により回収されているとのことです。

 

街中にはローカルな食べ物屋が並びます。

 

ここまで公共交通機関を使ってのアクセスをご案内しましたが、台北からスムーズに移動したい方にはオプショナルツアーや車のチャーターがおすすめです。

詳しくは下のリンクをご覧ください

【チャーター車】貸切ハイヤー「大名/ダイミョウ」で台北の移動をスムーズに!

 

 

瑞芳駅・十分駅でも平渓線の切符が購入できます(JCBカード利用可)。

※今回は一日券購入済のため駅員に券を見せるだけでOKです。

 


 

続いて終点、菁桐(チントン)駅へ。風情がある木造の駅舎で映画のロケ地などでも有名です。

 

    

駅近くですてきな看板を発見。

十分・幸福=十分幸せになりますように

   

菁桐(チントン)では許願筒という願い事を書いた筒がいたるところにぶら下げてありました。

地元の方によると、この場所で最近日本の映画の撮影が行われたとの事。こちらを背景に記念撮影をしてSNSにアップしてみては?

   

 

 

ここでもランタンがあげている人が。幻想的な風景です。


 

 

帰りの平渓線は始点からの乗車のため席に座ることができました。

瑞芳駅で台北までの電車の切符を購入(JCBカードが利用できます)し、今回の旅を思い出しながらゆっくりと台北まで帰りました。

 

時間に余裕のある場合は、近くの観光スポット九份まで足を延ばしてもよいですね

九份の過ごし方・おすすめJCB加盟店下のリンクをクリックしてください。

【関連記事】【必見!】九份観光の見落としてはいけないメインスポットと絶景茶芸館2軒をご案内しますー!

 


 十分旅ワンポイントアドバイス

スケジュールの組み方は、まず「十分」に到着したい時間を台湾鉄道定期行駛列車時刻表(平渓線情報ありから調べ、瑞芳駅出発時間から台北→瑞芳駅の鉄道の便を選ぶという方法が乗換のロスタイムが少なくなりおすすめです。なお台湾鉄道・平渓線は遅延することがありますので、余裕を持ってスケジュールを立ててください。

・鉄道内はエアコンが効いています。夏でも羽織ものをご用意ください。

・今回の旅行でとても役に立ったのがウェットティッシュ(↓)です。ランタンの字を墨で書いたり食べ歩きをしたりすると手が汚れますが、手を洗える場所がすぐには見つかりませんでした。そんなときにとても役に立ちました。

 

 

それでは、十分・平渓線の小旅行をお楽しみください!

祝您旅遊愉快

 


 

▼さらにJCB優待店をチェックするなら・・・

こちらから探せます。気になるお店が見つかるかも!?

            

【こちらの記事もどうぞ】

台北で人気の観光スポット7選

台湾レストラン人気ランキング1位~10位

台湾旅行のお土産人気ランキング1位~7位

台湾マッサージ・エステ人気ランキング1位~10位

【台湾女子旅×2泊3日】台北を満喫できる最強モデルコース

 


 

◎お問い合わせ JCBプラザ ラウンジ・台北


※上の情報は、2020年5月中旬のものであり、予告なく内容が変更となる場合があります。

もっと情報を見る!

あわせて読みたい関連記事すべて見る