(4/6更新)香港の新型コロナウイルス最新情報

(4/6更新)香港の新型コロナウイルス最新情報

香港/マカオ / 香港

投稿者:JCBプラザスタッフ

皆様、お元気ですか?🌞

新型コロナウイルスについて香港の現状が気になる方へ現地情報をまとめましたので、参考にしていただけるとうれしいです。

 

※この記事の内容は、2021年4月6日(火)のものです。


<目次>クリックするとその項目にジャンプします。

入境制限&新型コロナウイルス対策

【香港における海外からの入境制限】【更新】
【Return2hk計画 (広東省・マカオ→香港)】
【新型コロナウイルス対策】
【特定対象者の強制検疫】
【新型コロナウイルスの無料検査】
【香港における強制検疫とは?】

 

無料ワクチン接種【更新】

 

公共交通機関の運行状況

 

デパート・レストラン・ショップの営業状況

 

テーマパークの営業状況

【香港ディズニーランド】
【オーシャンパーク】

 

観光スポット・博物館・図書館の営業状況

 

香港のマスクと消毒液事情

 


 

入境制限&新型コロナウイルス対策

 

【香港における海外からの入境制限】【更新】

 

 ・政府発表により引き続き入境規制措置を2021年9月30日(木)まで延長することが決定。 【更新】

関連記事:
https://www.info.gov.hk/gia/general/202102/23/P2021022300513.htm【更新】

 

・2020年3月25日(木)以降、原則、日本人を含むすべての在留資格をもたない非香港居民は香港への入境が禁止となりました。

・海外から戻ってきた香港居民は21日間の強制検疫を実施。【更新】

高リスク地区は21日間の強制隔離となります。【更新】

中リスク地区は入境前にワクチン接種していた場合には強制隔離が14日に短縮、7日間は自己健康管理となり、19日目に検査をしなければなりません。ワクチン接種していない人は高リスクと同じで21日間の強制隔離が必要です。 【更新】

低リスク地区のオーストラリア、ニュージーランド、シンガポールの強制隔離は21日から14日に短縮。7日間は自己健康管理となり、19日目に検査をしなければなりません。【更新】

詳細はこちらに参考:
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/high-risk-places.html

・中国本土、マカオ、台湾から入境する香港居民、非香港居民ともに入境できるが14日間の強制検疫が義務づけられています。

・過去14日以内に高リスク地域から香港に渡航する人は、搭乗72時間前のコロナ検査陰性の証明と香港到着後のホテル予約証明の提出を義務付けます。

・2020年12月25日(金)から中国以外の地域から香港に渡航するすべての入境者は、21日間政府指定ホテルでの隔離が必要となりました。飛行機に搭乗前、滞在ホテルの予約証明提出が必須。
香港到着後→ホテルまでの流れは【香港における強制検疫とは?】を参考。

 -出発前に指定検疫ホテルの予約証明を提示できない場合は搭乗を拒否されます。 

 -2020年12月18日(金)から、香港国際空港から指定の検疫ホテルへの移動手段は政府が手配した専用バスのみ。 

 -検疫期間の12日目に再び検査を受ける必要があるため、その前日香港衛生署から2回目の検疫キットが配られます。結果が陰性の場合は21日間の検疫終了後、ホテルから離れることが可能です。 

 -香港到着後の19日または20日目に検査を行うように、衛生署から3回目の検査キットが渡され、検体を指定された場所に提出することが必要です。

政府指定ホテルでの検疫について:
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/designated-hotel-returnees.html
政府指定検疫ホテルのリスト(総36軒):
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/designated-hotel-list.html

designated hotel.png

 

諸入境規制措置の関連情報:https://www.coronavirus.gov.hk/eng/inbound-travel.html

 -入境後21日間の強制検疫を受け、入境後19日目又は20日目に地区検査センターでまたはホテルでコロナウイルス検査を受けます。強制検疫期間終了後も検査結果が判明するまでは、ホテル、または自宅待機を義務付けます。

 -待機場所と検査場への行き来に利用できる公共交通機関はタクシーのみであり、途中下車は認められません。   

・香港政府は英国で新型コロナウイルスの変異種が確認されたことに伴い、2020年12月22日(火)から英国発の全ての旅客機の乗り入れを停止すると発表。また、過去14日以内に2時間以上の英国滞在歴がある場合、国籍にかかわらず香港行きの航空機への搭乗を拒否されます。

関連記事:https://www.info.gov.hk/gia/general/202012/22/P2020122200030.htm

 

【Return2hk計画 (広東省・マカオ→香港)】

 

2020年11月23日(月)から香港居民は過去14日以内に香港、広東省、マカオ以外の滞在歴がなく、事前の申請やコロナウイルス陰性証明の取得等の手続を実施した場合は、入境後14日間の強制検疫免除。本計画実施初期段階では、入境者数は深圳湾1日3,000人、港珠澳大橋1日2,000人に制限します。

関連情報:https://www.coronavirus.gov.hk/eng/return2hk-scheme.html

 

1xianggangashiaguojidouhuihomuheshi.png

 

香港アジア国際都会ホームページ:https://www.brandhk.gov.hk/html/en/

 

 

【新型コロナウイルス対策】

 

域内感染例の増加により、香港政府発表においての防疫措置:

新型コロナウイルス対策として実施している公共の場での集会人数制限は「4人」まで。

・1テーブルに着席する人数制限は飲食店で「2人」、「安心出行」(※)を導入した店は「4人」までとなります。収容人数は通常座席数の50%まで。6:00PM~翌5:00AMまで店内飲食を禁止し、テイクアウトのみの営業。

「安心出行/Leave Home Safe」(※)というアプリを設置した店は10:00PMまで営業可能かつ1テーブルに着席する人数の制限を「4人」までと緩和します。

 

(※)「安心出行」は防疫を目的としたスマートフォン向けの追跡アプリ。自分がどこに行ったのかという過去の行動履歴がわかるほか、自分が訪れた場所に感染者がいた場合、通知が届きます。レストランとタクシーに導入されています。スマートフォンがないなどの理由で「安心出行」を利用できない人は氏名・電話や利用日などの情報を店が用意する紙に記入し記録を残す必要があります(31日間保存)。

IMG-1421.jpg
IMG-1422.jpg

 

利用方法も簡単!

M2[1].jpg
IMG-1430.jpg


「安心出行/Leave Home Safe」の関連ページ:https://www.leavehomesafe.gov.hk/en/

 

プール、ビーチ、マッサージ店、フィットネスクラブ、美容院、映画館は条件付きで営業再開可能。【更新】

バー、サウナ、パーティールーム、ナイトクラブ、カラオケ、ゲームセンターは営業停止。

・クラブハウス、ホテル、レストランでのライブやダンスは禁止。

・室内・室外ともに、公共の場所ではマスク着用が義務化。違反者には最高5,000香港ドル(約6万9,000円)の罰金が課せられる。喫煙や運動の場合も対象。

・ホテル利用に関する新規規制。
 -一室利用は4名まで、スイートルームの一室利用は8名まで。(家族での利用は除く)
 -スイートルームで結婚式に関係する文化的・宗教的な儀礼を実施する場合、参加人数は計20名まで。
 -すべての宿泊者は個人情報の登録が必要
 -検疫対象者と非対象者の利用階は分別
 -強制検疫対象者への訪問禁止
 -検疫を受けている者が部屋から離れることは不可。物資や食料の補充は部屋の前までとし、非接触の受取。

 

 

【特定対象者の強制検疫】

 

2020年11月15日(日)から特定対象者に強制検疫を実施することになりました。

 -強制検疫対象者の例として挙げられたのは1)感染爆発が出た建物の入居者または勤務する者、2)特定の職業に従事する者3)14日間強制検疫を完了直前とする者。

 -公認医師の判断でコロナ感染の有症状者に対して検査を受けるよう書面的な指示を出すことが可能となりました。

 -強制検疫の告知と指示に従わない者には5,000香港ドル(約6万9,000円)以上の罰金や禁固が課される可能性があります。

関連情報:https://www.info.gov.hk/gia/general/202011/14/P2020111400767.htm

 

 

 

【新型コロナウイルスの無料検査】

 

2020年9月1日(火)から新型コロナウイルスの無料検査(普及社區檢測計劃)を香港18区内に実施して、9月14日(月)に終了しました。2020年9月14日(月)まで約170万人が検査を受けました。

検査対象はIDカードを持つすべての香港居民です。
検査を受けるには予約が必要で、6歳以下は受けられません。

検査結果が陰性の場合は三日以内に携帯電話のショートメッセージに通知が来ます。

詳しい情報はこちら「普及社區檢測計劃」のホームページで確認できます。
https://www.communitytest.gov.hk/en/


 

2pujishequjiancejihuahomuheshi.png

 

 

 

【香港における強制検疫とは?】


香港到着時、健康申告をします。
※症状がある人は治療を受けるため入院。
※症状がない人も14日間指定のホテルでの検疫が必須。


香港到着後、まずターミナル間を運行している連絡電車に乗って空港内施設(MFC/Mid Field Concourse)のウイルス検査場へ移動し検査を実施。
※検査結果が出るまでMFCにて待機(飲み物やスナックなどの軽食もあるそうです)。
(検査結果が出るまで4時間以上要する。)
※発地で陰性証明を取得の人は、MFCにて検査実施後、結果を待つことなく離港可能。

3konggangneimfcnouirusujianzhachang.jpg

空港内MFCのウイルス検査場

 
 

4konggangmid_field_concoursemfcnoyangzi.jpg

空港Mid Field Concourse(MFC)の様子


結果が陰性の場合、シャトルバスにてMFCからターミナル1へ移動し入境手続きを行い、荷物の受け取りと税関申告をします。
そのままホテルに帰ることが可能です。

アライバルホールに政府が手配した専用バスでホテルに移動。(12月18日から、指定検疫ホテルへの移動手段は政府が手配した専用バスのみ)

入境後の21日間の検疫は引き続き必要となります。
(検疫期間中の21日間は電子リストバンドをつける必要があります。どのような理由でも外出するのは原則禁止です。1日2回の検温と身体状況を記録する必要があります。)

※どの段階でも、検査結果が陽性と確認された場合すぐに入院となります。

 

5dianzirisutohantonoxiezhen.jpg

電子リストバンドの写真

 

【香港政府が発信する新型コロナウイルスについての最新情報】
香港政府防疫ページ:https://www.coronavirus.gov.hk/eng/index.html(最新の数字に毎日更新されます)

6xianggangzhengfufangyiheshi.png

 

日本語の情報はこちら:
在香港日本国総領事館ホームページ:https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


無料ワクチン接種

223日(火)から予約開始。現在接種可能なワクチンは「科興(Sinovac)」と「復必泰(BioNTech)」ワクチンです。

【更新】「復必泰(BioNTech)」ワクチンの容器のキャップに包装上の瑕疵があることが判明し、関連会社の復星医薬が調査を開始しました。原因が判明するまでの間一時接種停止になりましたが、4月5日(月)に接種再開しました。


予約サイト:https://booking.covidvaccine.gov.hk/forms/index.jsp

関連サイト:https://www.covidvaccine.gov.hk/en/
 

料金

無料で接種できます。

 

接種条件

接種場所は公立/私立病院、クリニック、18区内29ヶ所のワクチン接種センター 、

高齢者施設と体の不自由な方の施設等。


各ワクチン接種センターの予約状況の確認はこちら:
https://booking.covidvaccine.gov.hk/centre/index.html

Sinovac and BioNTech.png

 


優先接種対象者【更新】

(1) 医療従事者と新型コロナウイルス感染症対策業務を行う方

(2) 60歳以上の方(70歳以上の方に同行の場合は最大2名接種可能)

(3) 老人ホームと身体の自由な方の施設等で宿泊と従事されている方

(4) 必要な公共サービスを提供する方

(5) 越境運輸、通関地、港で従事されている方
(6)
 
飲食店、市場、スーパーマーケット、コンビニエンス・ストア、配達業者(含むフード・デリバリー)の関係者
(7) 交通機関の職員(例:タクシー、バス、駅員)
(8) 建設業関係者
(9) 施設管理の関係者(例:警備員、清掃員)
(10) 教員及び職員(例:幼稚園、小・中学校、大学、特別学校、スクール・バス運転手)
(11) 観光業関係者
(12) 飲食店等各種施設に対する規制に関する規則(香港法令第599F)に関連する施設の従業員(例:フィットネス・センター、エステティックサロン他)
(13) 30歳から59歳の方 【更新】
(14) 香港以外で就学する16歳以上の学生【更新】
(15) ドメスティック・ヘルパー【更新】

 

Vaccination centre.jpg

 

予約とワクチン接種の注意点

  • 政府が提供するワクチン専用サイトで名前やID番号、生年月日を登録。次に1回目の接種場所と時間を選択。2回目の接種日は1回目の接種が終了後に専用サイトにて予約可能。1回目の接種が完成していない場合は予約キャンセル可です。

 

  • 接種者が70歳以上で同伴者がいる場合は、同伴者の人数を登録します。登録が完了するとスマートフォンに予約通知が来ます。これをスマートフォンに保存するか印刷し、会場で提示します。

 

  • 接種当日は、指定した会場の入り口で検温(38度以上は入場不可)、手の消毒を行い、受付でIDカードと予約の通知を提示。

 

  • 接種後、副作用の可能性があるため指定の場所で待機(30分程度を見込む)。

 

  • 2回目の接種ワクチンは1回目と同種類です。2回目の接種タイミングで確認の通知がスマートフォンに送られてきます。

 


公共交通機関の運行状況

 

地下鉄・バス・フェリーなど、すべての公共交通機関は通常運行しています。
通勤通学時間は混雑するので、心配の方は時間をさけて利用することをおすすめします。

(主な混雑時間 8:30AM~10:00AM、5:30PM~6:30PM)

香港市内⇔エアポートエクスプレス駅の移動手段として利用できたエアポートリンクバスは、2020年6月30日(火)で運行中止となりました。
 
公共交通機関を利用する場合はマスクの着用を義務付けられました。バスやタクシーの運転手はマスクを着用していない人の乗車を拒否することができ、違反者には最高5,000香港ドル(約6万9,000円)の罰金が課せられることになりました。

 


 

デパート・レストラン・ショップの営業状況

 

ほとんどのお店が通常どおり営業していますが、一部の店舗では営業時間を変更・短縮、または一時休業しています。

多くのお店では、入店する際、マスクの着用と検温が必須で、消毒液も用意してあります。

7tehatoresutoranshiyotsufunoyingyezhuangkuang.jpg

 

また、新型コロナウイルスの影響で、休業または閉店になった店がたくさんあるので、利用予定がある場合は事前に確認することをおすすめします。

 


テーマパークの営業状況
 

 

【香港ディズニーランド】

 

パークは2021年2月19日(金)から再開しました。


ディズニー線は通常運行。パーク再開に伴い、混雑を避けるため入園予約制度を導入し、開園時間の短縮や人数制限が実施されます。入場時「安心出行」アプリでQRコードを読み込むことが必要。その他、ミッキーやミニーなどのキャラクターとの触れ合いやマスク着用、検温などの対策が講じられています。パーク内はほとんど営業再開されていますが、一部のレストラン、ストア、エンターテイメント施設は暫くの間、休止となるとこともあります。

ディズニー内のホテルは通常営業となります。

詳しい情報、開園時間、レストランの営業時間などはホームページでご確認いただけます。

https://www.hongkongdisneyland.com/ja/

 

【オーシャンパーク】

 

パークは2021年2月18日(木)から再開しました。


入園前の事前予約が必須で、入場時「安心出行」アプリでQRコードを読み込むことが必要。防疫措置として入場人数の上限を設けられ、アトラクションの搭乗時にも制限があります。また、マスクの着用と検温が必須のため、ジェットコースターの搭乗時にもマスク着用が必要です。


詳しい情報はホームページでご確認いただけます。

https://www.oceanpark.com.hk/jp

 

 


観光スポット・博物館・図書館の営業状況

 

ほとんどの観光スポットは通常営業しています。


SKY100は2021年2月18日(木)から営業再開。

ゴンピン360は通常営業ですが、短縮営業が実施されます。

ビクトリアピークの「ザ・ピーク・トラム」「ザ・ピーク・タワー」「スカイテラス428」は通常営業しています。

8guanguangsuhotsutobowuguantushuguannoyingyezhuangkuang.jpg

 

香港の博物館と図書館は2月19日(金)から順次再開となります。

 

康楽文化施設利用についてのお知らせ:

https://www.lcsd.gov.hk/clpss/en/webApp/NewsDetails.do?id=15286
 

 

 

 


香港のマスクと消毒液事情

 

香港では新型コロナウイルス発生初期にマスクと消毒液が不足していましたが、現在はドラッグストア(SASAやWATSONSなど)やコンビニエンスストアでも購入でき、価格も通常に戻りました。 

9masukushiqing.jpg

 

10masukushiqing.jpg


(マスクは生産地や内容量によって価格が異なります。例:中国製 約99ドル/箱、日本製 約150~250ドル/箱)

なかには、防疫効果のない偽物も混入しているので、購入する際は大手チェーンのドラッグストアなど、信頼度の高い店を選ぶと安心です。

 


 

JCBプラザ ラウンジ・香港では現在電話のお問い合わせを受付しております。

香港の情報についてご質問がありましたら、ラウンジスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

一日でも早くコロナ感染が終息し、また香港にて皆様にお会いできることを心より願っています。

 
JCBプラザ ラウンジ・香港(新型コロナウイルス感染拡大に伴い、現在は電話のみの受付となります。)

所在地:6/F., Chung Fung Commercial Building,
12 Canton Road, Tsimshatsui,
Kowloon, HONG KONG
廣東道沿い、ルイ・ヴィトンはす向かいの松鳳商業ビル6階(1階がオメガ)
電話番号:(852)2366-7211
営業時間:9:00AM~6:00PM
定休日:年中無休

 

◎お問い合わせ
日本から(お電話):JCBプラザ ラウンジ・香港JCBプラザコールセンター(日本)

現地にて(お電話・ご来店):JCBプラザ ラウンジ・香港