行ってきました!おすすめ島内観光!!

行ってきました!おすすめ島内観光!!

グアム/サイパン / グアム

投稿者:JCBプラザスタッフ

朝はゆっくりと起きて、遅めの朝食をとってから行動したい方におすすめの『定期島内観光』

約3時間のコースで観光名所を効率よく回れるツアーなので、ちょっと空いた時間に参加可能ですよ!!

費用はUS$30。リーズナブルで魅力的なツアーです。

 

ではこれからご案内しま~す!

まずは、Tギャラリアのバス乗り場に集合。(Tギャラリアの向かって右端側面より入ったところ)

こちらで名前とバウチャーの確認をします。


 

時間になると名前を呼ばれて、外で待機してるバスまでスタッフが案内してくれます。


 

この日のお客様は14名で、ガイドさんはマシンガントークで有名なドロシーさん。

予定どおりの10:30AMに出発し、目指す観光地はパセオ公園!

こちらはプロ野球選手がよく自主トレに使用するパセオ球場がある場所です。

バスから降りて、自由の女神像へ


 

自由の女神が向いている海の沖の方で、パラセーリングが上がっています!気持ちよさそうですね~!


 

ここでガイドさんより教わったのが、ハーフフラワーの悲しい伝説と(詳しくはツアーに参加して聞いてください)、

実のなかの液体は目薬になる(グアムではピンクアイ、日本では結膜炎に効くそうです。)ことです。


 

また、グアムのどこのビーチに行っても目にすることができる浜ヒルガオの葉っぱは曇り止めになるらしく、

車のフロントグラスにつけると良いそうですよ。(まだ、試していません。)


 

バスに戻ろうと歩いているとあちこちに穴が・・・・これはカニが作った穴だそうです。

穴によっては落ち葉でふたがされているものもありましたが、これもカニが自分でふたをするそうです。


 

では次は太平洋戦争博物館へ~!

入り口はこちらです!


ここははじめてきました。

個人所有の博物館のため寄付金が必要ですが、今日はツアーできたため含まれています。(寄付金は大人US$3、子供US$2)

 

なかに入るといろいろな戦車や、戦闘機、戦争の遺留品が陳列されています。

 

 

  

 

 

 


 

ガイドさんの説明で、お客様のなかでは涙を流す方も。。。。

戦争はだめと訴えるガイドのドロシーさんが印象的でした。

 

次に目指した観光地はアプガン砦。

アプガン砦はスペイン統治時代、チャモロの人々の反乱に備えて立てたスペイン軍の拠点地だそうです。

とても見晴らしがよく、展望台には大砲も展示されています。

 

 

ここで、椰子の実も売っていますので、お小遣いも少し持っていきましょう~!

まずは、目の前で椰子の実を割ってもらい、椰子の実のドリンクを飲みます。

飲み終えるとイカ刺しに変身!!!わさび醤油でいただきます。

これが、すっごくおいしいんです。本当にイカ刺しのような歯ごたえ。


 

次はラッテストーン公園へ!

ラッテストーンはまだ謎だそうですが、古代、高床式住居に使用されていたといわれています。


 

すり鉢もあります!

古代チャモロの人々は、石でいろいろなものを作って生活していたそうです。

 

公園の奥の方には日本軍が作った防空壕がありました。

なかは行き来できるそうですが、施錠されていて入れませんでした。

 

 

この後は道路を渡ってスペイン広場を観光しました。

チョコレートハウスや聖母マリア大聖堂、太平洋戦争時の慰霊碑がありました。

 

 

最後の観光スポットは恋人岬です。

許されない愛を誓い合いながら、お互いの髪の毛を結んで身を投げたという悲しい伝説のある岬です。

 

 

展望台からの景色はこんな感じ。タモンのホテルが見渡せます。

高所恐怖症の私には足がすくむ高さです。

 

 

いかがでしょうか?

3時間でこんなに盛りだくさんの観光ができる『定期島内観光』。

出発時間はTギャラリアのツアーラウンジから10:30AMと1:45PMと、1日2便運行しています。

時間が空いたので少し観光したいな!という方は当日でも受付できますので、ツアーの行程など、詳しい内容はお気軽にJCBプラザ ラウンジ・グアムまでどうぞ。

 

定期島内観光/City Sightseeing Tour

《主催会社》タートルツアーズ/Turtle Tours

《営業時間》8:00AM~0:00AM(深夜) 

《電話番号》671-646-1294-1710/8331

《定休日》年中無休

《送迎》なし(Tギャラリアのグアム・ツアーラウンジに集合)

 

※ 上の情報は2020年7月中旬のものであり、予告なく変更になる可能性があります。