フランス

旅する前に、おトクを検索。たびらば 旅LOVER

presented by JCB

たびらばとは?

レストラン
  • パリ
  • 投稿者:JCBプラザスタッフ
  • 2019.02.12

カリスマシェフ、アラン・デュカス氏プロデュースによるビストロ「オ・リヨネ」!

日本のメディアにもよく登場する人気のアラン・デュカス氏プロデュースするオ・リヨネ/Aux Lyonnaisは、フランスの美食の街リヨンの郷土料理が味わえるビストロ。

パリ証券取引所にも近く比較的お手頃価格で楽しめるとあって、ピークの時間帯はつねにお客さんで賑わっている人気店です笑い

 



今回プラザスタッフは、平日の遅めのランチ時間帯に行ってみました。
店内は、"伝統的なビストロ"といった雰囲気で、1890年創業当時の面影を残す階段やインテリアが、古き良き時代のビストロを感じさせてくれます。

また、「フランス家庭の食卓」をイメージさせる白地に赤ラインのテーブルクロスや、布地のパン入れもお店の雰囲気にピッタリ ウィンク デコメ絵文字





JCBプラザ・スタッフは、ランチセットメニュー(前菜+メイン+デザート)EUR34を同行者はアラカルトメニューを注文しました


   

 

まずアミューズ・ブッシュ(突き出し)として、「エシャロット・ハーブ・クルミオイル入りクリームとグリルパン添え(写真上)が出されました。
酸味のきいたなめらかなディップクリームがパンとよく合い、食欲をそそります。
一緒に運ばれてくるピクルスはお好きなだけどうぞ わーい(嬉しい顔)

    

セットメニューで選んだ前菜は、冷製チキンロール、サラダ、パン・ド・カンパーニュ(写真左上)
チキンロールは柔らかくて、サラダのドレッシングはバルサミコ酢がほどよく効いていて、これまた食が進みます 

アラカルトメニューからは、「サラミの盛り合わせと季節の野菜&ソーセージのココット、自家製ゼリーよせ(写真右上) 」。
薄くスライスされたサラミはくちどけがよく、ミニサイズのココットはゆで卵と合えたやさしい酸味のあるソースがよくあい、

見た目以上にボリュームある一品。
野菜とポークのゼリーよせは、少しパンチのきいた酸味がアクセントとなってさっぱりとした後味です。


    

セットメニューのメイン料理は、「リヨン風クネル・ナンチュアソース(写真上左)」。
クネルとはすり潰した魚肉に小麦粉や卵、バターなどを練り合わせて成形し、茹でてからソースとオーブンで焼いた代表的なリヨン郷土料理です。
ナンチュア・ソースは、ベシャメルソースに、ザリガニの煮汁で風味を付けたソース。
バターの良い香りとともにサービスされたクネルは、魚のうまみたっぷりのソースと絡まり絶品でした

季節限定のアラカルトメニューから選んだ「ブレス産鶏肉と根野菜のココット(写真右上)」は、ブレス産の骨付き鶏肉がとても柔らかくてジューシー
カブ・パースニップ(にんじんに似た根菜)・ビートなどの根野菜は、時間をかけて肉汁や甘辛ソースと一緒にゆっくりコトコト煮込まれ、深い味わいが楽しめました。アッカンベー

 

   

 

セットメニューのデザートは、レストランのスペシャリテイル・フロッタン ローズプラリネ入り(写真左上)」 。
" 浮いている島 " といった意味の名前を持つこの一品は、カスタードソースに、ふわふわのメレンゲが浮かぶ、やさしい味が人気。
ローズ・シロップで、見た目がとても華やか

甘さ控えめのうえ、ローズ味のプラリネやカスタードクリームがアクセントになっており、最後までおいしくいただけました! 

もうひとつのデザート「りんごのクックポット、リヨン風モン・クリーム添え(写真右上)」はアラカルトメニューから。
クックポット/Cookpotアラン・デュカス氏が開発した、野菜や果物本来の味をストレートに引き出すための陶器製でココット鍋のような形をしたものです。
野菜や果物を入れて蓋をしオーブンで調理、そのまま器としてテーブル出せるので、とても便利です。
かわいらしい手のひらサイズのりんごが、アツアツの器の中でトロトロに焼きあがり、甘すぎないキャラメルソースとからまった香りが、ワクワクした気分にさせてくれます。♡ デコメメ絵文字
そのまま食べてももちろんおいしいですが、一緒に出されたフレッシュ生クリームを添えてみると、また違ったおいしさが楽しめますウィンク

 

サービス係のスタッフは、つねに礼儀正しく機敏なサービスがとても気持ち良く、"正統派ビストロ" といったイメージ通りでした。
フランスの伝統的なビストロの雰囲気のなかで、リヨンの郷土料理が味わえる
「オ・リヨネ」でのお食事をぜひ楽しんでみてはいかがですか?

皆様からの予約をお待ちしています

WEB予約(無料)はこちらから!

 

 

※写真はイメージです。

※上の内容は、スタッフが2018年2月に視察した時の情報です。ご利用の際は内容が異なる場合があります。

 



<料金目安>
・ランチセット EUR28 (前菜+メインまたはメイン+デザート)、EUR34(前菜+メイン+デザート)
・ディナーセットEUR35(前菜+メイン+デザート ※選択不可)
・アラカルト 前菜 EUR12~、メイン EUR24~、デザート EUR8~

 


AUX LYONNAIS(オ・リヨネ)

所在地:32 Rue Saint-Marc 75002 Paris
電話番号:01 58 00 22 06
営業時間:【ランチ】火~金 正午~2:00PM  【ディナー】火~木 7:30PM~10:00PM、金~土 7:00PM~10:00PM
定休日:土曜のランチ、日・月・一部の祝日
交通情報:メトロ8・9号線「リシュリュー・ドゥルオ(Richelieu Drouot)駅」より徒歩約3分


※上の情報は、2019年2月上旬のものであり、予告なく内容が変更となる場合があります。



◎ご予約・お問い合わせ (JCBカードをお手元にご用意ください。)
日本から(お電話):JCBプラザ ラウンジ・パリJCBプラザコールセンター(日本)
日本から(WEB予約):たびらば(旅LOVER)-フランス-
現地にて(お電話・ご来店):JCBプラザ ラウンジ・パリ

もっと情報を見る!

あわせて読みたい関連記事すべて見る