フランス

旅する前に、おトクを検索。たびらば 旅LOVER

presented by JCB

たびらばとは?

レストラン
  • パリ
  • 投稿者:JCBプラザスタッフ
  • 2019.05.30

2ツ星レストラン「ル・ガブリエル」のJCBスペシャルメニューで、シェフのスペシャリティ料理を!

世界で最も有名で賑やかな通りの1つとして知られる、シャンゼリゼ通りから一本入った静かで落ち着いた通りにあるガブリエル通り
周辺には大統領官邸
エリゼ宮グラン・パレ、プチ・パレにもほど近く、またショッピング好きの人にはあまりにも有名な
モンテーニュ通り
フォーブール・サントノレ通りも目と鼻の先、という申し分ない場所にひっそり溶け込むように佇むのは、
2015年に誕生したラグジュアリー・ホテルLa Reserve Paris(ラ・レゼルヴ・パリ)

 かつてはピエール・カルダン所有のプライベート・レジデンスを、建築家ジャック・ガルシア氏が4年かけて改装を手掛けたプライベートホテル

他のホテルに見られるような大きな看板などはなく、典型的なオスマン様式のアパルトマンのようです

ゲストが自宅同様にくつろいだ滞在が出来るよう、40客室のうち大部分がスイートルーム仕様で、なんとワインセラーまで完備!


    


そんなホテル内にはゲスト専用のライブラリー、スパ、そして極上のモダンフレンチが楽しめる
有名グルメガイド2ツ星レストランLe Gabriel(ル・ガブリエル)があります。
このレストランを率いるシェフ、
ジェローム・バンクテル氏と、

フランス各地の星付レストランにて豊富な経験をつんだ選り抜きのスタッフばかりの素晴らしいチームが、

きっと忘れられないひとときを演出してくれることでしょう!


 

 

そんなエネルギッシュな「Le Gabriel(ル・ガブリエル)」で、JCBスペシャルメニューが楽しめます!!
せっかくなので、
ドリンク付きのJCBスペシャルメニューを事前予約して行ってきましたキス

ホテルのメインエントランスで名前を告げ、クロークでコートを預けたら右側へ。

カジュアルレストラン・バーを通り抜け、さらに奥へ進むと、突き当りにレストラン「Le Gabriel(ル・ガブリエル)」があり、優しい笑顔のスタッフが迎えてくれました花

 

テーブルには事前予約していた「JCBスペシャルメニュー」の日本語訳がすでに用意されていました笑顔

JCBスペシャルメニュー235EURは、つきだし、前菜2品、魚料理または魚介料理、肉料理、デザートグラスワインが2杯、ミネラルウォーター、コーヒーまたは紅茶が1杯付きます。
お料理はすべてシェフ、
ジェローム・バンクテルスペシャリティを終結させたもの。JCB会員の皆様の為に特別に作っていただいたコースメニューです!
苦手な食材や、アレルギー食材などがある方は、事前にお申し出いただければ対応可能ですウィンク

 

 

 

 

 

 

前菜1「マカウアーティチョーク、桜、フレッシュコリアンダー

新鮮な歯ごたえのアーティチョークに、ほんのり桜のエキスと新鮮なコリアンダーがミックスした香りが優しくさわやか花

 

 

 

前菜2「ノルウェーサーモン、茄子のラビオリ、ジストクリーム

軽く炙ったサーモンの切り身がもっちりとしていて、軽くお味噌を効かせた茄子と大根のラビオリでさっぱり、

柑橘系の皮の少し苦みを効かせたジストクリームが程よいアクセントになっていました笑い

 

 

 

魚料理「天然の鱈、カレー、日本米、ビオのアボカド
新鮮な天然鱈の厚い切り身とキラキラとツヤのある寿司飯の間に、
少し大人っぽいテイストのカレーソースが添えられて、想像以上によく合います。

 

 

 


肉料理「ヴァンデの鳩、カカオ、蕎麦
ほどよくグリルされた鳩のお肉の下には軽く炒った蕎麦の実が敷かれていて大変香ばしく、
カカオとミックスされた比較的濃厚な甘辛ソースがお肉とよく合います。
鳩料理はどこでも出しているお料理ではないので、貴重な体験でした。

 

 

 

デザート「コーヒーメレンゲ、メリジィエ

見た目は大きなコーヒー豆のようなメレンゲ
スプーンで割ってみると、桜の一種であるメリジィエというシロップがかかったアイスクリームが隠れていてとても面白かったです。

かなりお腹一杯の状態でしたが、優しい甘さのさっぱりしたデザートだったので、最後までおいしくいただけました

 

 

 

 

ランチ時なら、現地ではその他にビジネスランチメニュー (3皿)95EURまたは(4皿)115EUR(飲み物なし)もあります。
JCBスペシャルメニューのおすすめポイントは、なんといってもすべてシェフのスペシャリティ料理が出されること!!
使用される食材も違うため、もしもアラカルトでそれぞれ注文すると、235EUR以上になるので、非常におトク!ウィンク

 

厳選された旬の食材を使用したこれらのお料理には、味噌や蕎麦など日本のテイストがさりげなく使われているものが多いそうです。

第一印象としては、どのお料理も一言では言い表せないような繊細な味と、
経験豊富なスタッフの皆さんの素晴らしいチームワーク。 心地よくリラックス出来る空間をさり気なく作りだし、
それでいて星付きのレストランで高級感あふれる食事をしている
、と実感できる接客が個人的にはとても気に入りました僕人気だからっぶちゆ∀ デコメ絵文字

ぜひこのレストラン「Le Gabriel(ル・ガブリエル)」でシェフのスぺシャリティー料理を味わってみてください!

 

 

 

 

 

 

皆様からのご予約をぜひお待ちしております!

ほし デコメ絵文字WEB予約はこちらほし デコメ絵文字


※写真はイメージです。

※スタッフが試食したメニューは2017年1月時点での情報です。

 

<料金の目安>

前菜 EUR74

メイン EUR90

チーズ EUR34

※上はアラカルトで注文した場合の通常料金です。



JCB優待期間】
実施中~2019年12月31日(火)

【JCB優待内容】

JCBプラザ ラウンジ・パリJCBプラザコールセンター(日本)

またはたびらば「旅LOVER-フランス-を通してWEB予約のうえ、  

JCBカードで支払うとJCBスペシャルメニュー(EUR235)を注文できます!

※メニュー内容は季節によって変更します。

メニュー変更時など、日本語メニューの用意がない場合もあります。

※クリスマス、年末年始など特別日はJCB優待の対象とならない場合があります。

※5名以上のご予約依頼の場合、JCBカード情報をギャランティとしてレストランへお伝えする必要があります。

 その際、ご予約時のカード情報をレストランへお伝えします。

※変更・キャンセルの場合は、ご予約日より5営業日前(JCBプラザ ラウンジ・パリの定休日を除く)までに必ずご連絡ください。

 それ以降はチャージがかかりますので、ご注意ください。

 

Le Gabriel/ル・ガブリエル

所在地:42 AV. GABRIEL 75008 PARIS

電話番号:01 58 36 60 60

営業時間:<ランチ>日~金 正午~2:30PM 、<ディナー>7:30PM~10:00PM

定休日:土曜日のランチ

交通手段:メトロ1号線「Franklin D. Roosevelt(フランクラン・D・ローズヴェルト)駅」より徒歩約4分

RESTAURANT LE GABRIEL公式HP(仏・英語)

※男性は上着着用要。

 

※上の情報は、2019年5月下旬のものであり、営業時間や料金などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。


◎ご予約・お問い合わせ
JCBカードをお手元にご用意ください。)

日本から(お電話):JCBプラザ ラウンジ・パリJCBプラザコールセンター(日本)
日本から(Web予約)たびらば(旅LOVER)-フランス-
現地にて(お電話・ご来店):JCBプラザ ラウンジ・パリ

もっと情報を見る!

あわせて読みたい関連記事すべて見る