≪フランス≫旅の便利情報~ショッピング&免税~

≪フランス≫旅の便利情報~ショッピング&免税~

フランス / パリ

投稿者:JCBプラザスタッフ
フランス旅行中のショッピングでは、日本の消費税にあたる税金が免除される場合があります。JCBカードでお楽しみのショッピング、お気に入りの商品やセール品も旅行者免税でさらにおトク

免税販売を受け付ける店舗での購入の際、下記の免税の条件を満たしていれば、各店舗で免税用紙を作成してくれます。

お店によっては出来ないところもあります。心配な場合は前もって尋ねるとよいでしょう。
ご購入時にTAX FREE, Please.(タックスフリー、プリーズ)
またはDETAXE, S'il vous plait.(デタックス、シル・ヴー・プレ)とお伝えください。

なお、免税用紙作成にはパスポートの原本が必要になります。


-免税に関する一般的な情報-


下の条件が満たされている場合、ご購入店舗で免税用紙を作成してもらえます。

・パスポートの原本を所有している。

・欧州連合圏外に居住し、16歳以上であること。

・ヨーロッパでの滞在期間が6ヵ月未満。

・3ヵ月以内にお買い上げの商品(未使用)を欧州連合圏外へ持ち出すこと。

・同店舗で同日にEUR175.01以上の買い物をしている。

・購入当日の免税書類作成であること。

※食料品・書籍など税率が異なるもの、またサービスなど免税対象外となるものもあります。

※原則として、デパート内での同日の合計購入金額が規定以上であれば免税対象となります。(一部合算不可のブランド有り。購入時に要確認。)

※免税を受けれる金額の設定がが異なる店舗があります。現地でご確認ください。



 

 

 

フランス税関パブロマーク


-免税通関システム「PABLO(パブロ)」による免税手続き-

バーコードとパブロのロゴの付いた免税用紙をお持ちの場合、チェックイン前に免税通関システムPABLOパブロにて認証を受けます。
日本語の選択もできますので安心ですね。

画面上の指示に従って認証画面(緑色の画面)までご確認ください。

※お買いあげの商品、店舗により免税用紙が異なります。
 書類の内容、手続き方法はご署名前に各店舗にてお問い合わせください。


1. パブロ画面上で日本語を選択



2. バーコードのついた免税用紙をスキャン




3. 緑色の画面で「OK 認証済免税証」認証マークを確認 🙂 (印字表示はなく、画面のみでの確認となります。)


※下のような赤い画面になり認証されなかった場合、画面の指示どおりに税関係員のいる窓口に行ってください。


 

  • パブロ認証は出国審査前です。
  • 返信用封筒が付いている場合、通常は1部を返送する必要があります。
  • お客様控えは免税金が戻るまで保管してください。
  • 現金受け取りの場合、空港内の両替所Travelex(トラベレックス)にて手数料(約EUR3)を引いた金額が返金されます。
  • 免税用紙作成だけでは免税金は戻りません。
  • 税関はフランス語で"DOUANE"です。
  • 空港での免税手続きの際に購入商品の提示を求められることがありますので、手元に準備しておきましょう。

※上の内容はフランスからご帰国の場合の、一般的な免税手続きのご案内となります。
(店舗により免税書類が異なります。免税金の受け取り方法・帰国時の手続き方法は、免税用紙作成時に各店舗で署名する前にご確認ください
 分からない点がある場合はそのままにせず、すぐその場で、お買い上げ店舗のスタッフに確認しましょう。)

フランス税関公式サイトもご覧ください。
日本語のリーフレット(PDF)あり。


 

 


フランスでの免税金還付手続きを行う主な会社はPREMIER TAX FREE(プルミエ・タックス・フリー社)、GLOBAL BLUE(グローバル・ブルー社)等です。
各社の公式サイトもあわせてご覧ください。



PREMIER TAX FREE(英語)



GLOBAL BLUE社(英語)

 

 

免税金の受け取り方法は、免税用紙作成時に各店舗で署名する前にご確認ください。

免税はあくまでご自身での手続きとなり、JCBプラザ ラウンジ・パリでは一般的な情報提供のみとなります。あらかじめご了承ください。

 

※上の内容は2021年1月上旬の情報となり、予告なく変更となる場合があります。