シンガポール

旅する前に、おトクを検索。たびらば 旅LOVER

presented by JCB

たびらばとは?

レストラン
  • 投稿者:JCBプラザスタッフ
  • 2017.07.17

★JCBプラザ・スタッフが行ってきました★憧れのプラナカン「トゥルー・ブルー/True Blue Cuisine」

その繊細で華麗なデザインが特徴的なプラナカン文化。15世紀ごろより中国からの移住者と現地の人々との間で融合してできた独特の文化です。
ビーズ刺繍やパステル調の色鮮やかな陶器などは、一度は目にしたことがおありの方も多いのではないでしょうか?
今回、そのプラナカン文化をプラナカン料理レストラン「トゥルー・ブルー/True Blue Cuisine」」で体験してまいりました。

プラナカンの人々は、かつてシンガポール東部のカトン地区に多く生活しており、その街並みは、いまも少しだけ残されています。
でも、市内中心地からは、ちょっと不便。ご旅行中の短い滞在中になかなか足を運ぶのは大変ですね。。
ですが、こちらのプラナカン料理レストラン「トゥルー・ブルー/True Blue Cuisine」は、なんと市内の中心にあるのでとても便利なロケーション。
短いご滞在中のスケジュールでもちょっとお立ち寄りいただき、異文化を楽しめるはずです。

では、まずそのお店の外観と内装から。

(道路に沿って並ぶショップハウスと店内のロビーエリア)

     

(個室とダイニングエリア)


          

(プラナカン模様の陶器たち)

     


   

(スパイスを砕く石臼)

 



いかがです?独特な雰囲気。近代的に開発されたエリアが目立つシンガポールに残された空間です。



では、お待ちかねのお料理です!
今回、お店の方には、
 笑い初心者向けのプラナカン料理
 エール辛い物は苦手な人向けの料理
 アッカンベーこれぞプラナカン!という当店自慢の料理。

という内容で、おすすめの料理を注文しました。



そしてこちらが、その選ばれたお料理です。
      

■ポメロのサラダ/Kerabu: Lemo Bali
柑橘系の大きなフルーツ、ポメロの実をほぐして、砕いたピーナッツと茹でた小エビを和えたサラダです。パクチーがのって彩りを添えてます。
ポメロのさわやかな味と触感がピーナッツの香ばしさとよくあいます。パクチーが苦手な方は、ご注文時に遠慮なく「NO パクチー!」とリクエストしてくださいね。フレンドリーなスタッフが「OK!」と応じてくれますよ。

    


■キャベツとキノコと春雨と湯葉の煮物/Sayor Sayor: Chap Chye
おふくろの味です。日本料理ではないのに、なんだかとても懐かしく優しい味です。基本はあっさり塩味ですが、出汁のようなうまみがキャベツや春雨に浸み込んでます。



■黒いナッツとチキンのシチュー/Laok Tok: Ayam Buah Keluak
これは、絶対注文してほしいイチオシメニューです。スタッフの方が、力を込めておススメされた訳が、後で納得できしました。
テーブルに出されたとき、陶器の壺がかわいらしくて目を引きました。が、中は只の茶色い鶏肉の煮込み料理...これがおすすめ???
しかし、これ!この黒い丸いモノ!これは、"ブアクルア(Buah keluak)"という木の実なのだそうですが、毒性があるので生では食べられないものだそうです。
2~3日間ほど水に漬け、その後中身を出して石臼で砕き、たくさんのスパイスなどを加えて炒め煮詰めてそれをまた殻に戻して、今度は鶏肉と一緒に調理する...それはそれは手間がかかっているのです。
出来上がりは、本当にシンプルな色合いなのですが...
召しあがり方ですが、まずはこのブアクルアを壺から出して、添えてある小さなスプーンで中身をすくい、鶏肉やごはんと一緒にいただきます。
さて、そのお味は...
ソースは日本の八丁味噌か豆鼓が隠し味に使われいるような味わいで、とてもなじみやすくおいしいです!ブアクルアだけでいただいてみると、それは味噌のような、キノコのような、燻製のような、いままでに体験したことがない、でも馴染みやすい、コクの塊みたいでした。これを少しづつ鶏肉につけながらご飯と一緒にいただくと、あっという間にお皿のご飯がなくなっていました。鶏肉はやわらかくなるまで煮込まれており、ほろほろと身がほぐれます。

          

これが"ブアクルア(Buah keluak)"。

   



     
■ライス
おかわり自由です!どうぞご遠慮なく!!

       
■ポメロののったマンゴーピュレー/Kueh Chuchi Mulot:Buah Mangga sama Lemo Bali
採れたてフレッシュマンゴーをたっぷり使ったデザートは、南国にいらした方にはぜひ食べてほしいです。マンゴーピュレ―のなかに、カットされたマンゴーも入っていて、上にのっているポメロがさっぱりとお口の中でハーモニー♪を奏でます。


     
★レモングラスを添えたバジルシード入りライムジュース/Minoman:Ayer Lemo Nipis Serashi sama Seray Lemo Purot
自画自賛のようですが、このJCBご優待はうれしいです!たっぷりサイズのグラスに入ったライムジュースはスカッと爽やか!バジルシードの食感も楽しくて◎

    



当レストランでは2018年6月末まで★JCB優待実施中★ですので、ご滞在中に、ぜひお立ち寄りくださいね!
都会の喧騒から離れ、ひとときタイムスリップしたようなノスタルジックな時間とお料理をぜひお楽しみください。

              

ウィンクお会計したら(もちろんJCBカードで!)こんなすてきなポチ袋にレシートを入れてくれました!



☆おまけ
お隣のプラナカン博物館と、その敷地内にあるお土産屋さん「トゥルー・ブルー・ショップ」もちょっと覗いてみてくださいね。


True Blue Shoppe / トゥルー・ブルー・ショップ



【JCB優待期間】
実施中~2018年6月30日(土)

【JCB優待内容】
メインディッシュをご注文ごとに、レモングラス付きライムジュースを1杯サービス。


◎True Blue Cuisine/トゥルー・ブルー
所在地:47/49 Armenian Street
電話番号:(65) 6440-0449
営業時間:<ランチ>11:30AM~2:30PM、<ディナー>5:30PM~9:30PM
  ※ラストオーダーは各終了時間の1時間前。
定休日:旧正月
ホームページ「トゥルー・ブルー(英語)
   
※上の情報は、2017年7月中旬のものであり、料金や営業状況などは店舗の都合により予告なく変更となる場合があります。
  
◎お問い合わせ
日本から(お電話):JCBプラザコールセンター(日本)
日本から(Web予約):たびらば(旅LOVER)-シンガポール-
現地にて(お電話・ご来店):JCBプラザ ラウンジ・シンガポールJCBプラザ・シンガポール

もっと情報を見る!

あわせて読みたい関連記事すべて見る