シンガポール

旅する前に、おトクを検索。たびらば 旅LOVER

presented by JCB

たびらばとは?

レストラン
  • シンガポール
  • 投稿者:JCBプラザスタッフ
  • 2017.03.16

絶対に行きたいマリーナベイサンズの屋上にある「ウルフギャング・パックの Spago (スパゴ)」

シンガポールに来たら絶対に行きたい!と一番先に思い浮かべる場所はマリーナベイサンズではないでしょうか。

携帯電話のCM撮影で使われた有名なプールも見てみたいと思いますよねクール

でも、ホテルの宿泊者以外は展望台に上がるしかないけど、料金もかかるしどうしよう・・・と思っている方は必見です。

 

実は57階のサンズ・スカイ・パークには3つのレストランがあるので、そちらを利用すると良いですよ。

今回はその中心部にあるカリフォルニア料理店「スパゴ」を紹介します。

 

 

 

マリーナベイサンズホテルは3つのタワーに分かれていますが、タワー2のエレベーターから55階まで上がります。

久しぶりの高級ホテル。ドキドキしながらエレベーターに乗りました。

無事55階に着き、別のエレベーターに乗り換え、57階まで上がります。

エレベーターの扉が開くと、そこでは女性スタッフがお出迎えしてくれました♪

予約名を伝えてレストランのダイニングへ移動します。

 


 

白を基調としたすてきなインテリアですね。キッチンが奥に見えます。

席に着くと新聞(日本語もあるそうです)と雑誌を持ってきてくれました。

 

まず、ベリーとローズのノンアルコールを注文。


 

酸味が程よく口のなかに広がり、すっきりしたのどごです。ほのかにバラの香りがします。

 

今日はランチセットS$45(消費税・サービス税別)のなかから「スパゴ」おすすめの前菜とメインを選びました。

料理が運ばれてくる間に、テラスへ出てパチリ。

 


 

インフィニティープールです!シンガポールの金融街などを眺めることができて最高の景色!!

料理が運ばれてきたようですので、涼しい店内に戻ります。

 

こちらは自家製のパンです。

 


 

バターは無塩バターと海苔バター。

パンも外はカリカリ、中は柔らかくておいしい。

 

そして、前菜がきました。(Big Eye Tuna Tartare Cones)

マグロのたたきマリネがピリ辛のソースとあえてあり、ゴマのパリパリコーンと一緒に手で食べます。

日本の懐かしい味に「ウルフギャング」ならではのひと工夫がされた、とってもおいしい一品です。

 


 

食べている間、マネージャーさんが「料理はどう?」と声を掛けてくれました。

「おいしいよ~」と答えながら2本目もパクパク。やみつきになりそうです。

 

本日のメインディッシュ「ハンバーガー」が運ばれてきました。(Grilled Angus Beef Burger)

ジャーン!!

 


 

違うアングルから、もう一枚。

 

 

 

写真にはハッキリ映っていませんが、お肉の厚みが1センチ位ありました。

さすが、ウルフギャングさん。ジューシーでおいしいです!

 

初めはフォークとナイフを使って食べなくてはいけないのかと思い格闘していましたが、

見かねたスタッフの方が「みんな手で食べてるよ♪」と親切に教えてくれました。

手で食べた方がさらにおいしい。ポテトもひとりでは食べきれない量です。

 

「もう食べきれないよ。今日の夕飯はいらないな。」なんて思っていると、デザートが運ばれてきました。

あ~これは別腹か。。。(Coconut-Passion Fruit Trifle)

 


 

一番上がココナツのシャーベット。

このシャーベットと甘いクリームにパッションフルーツを混ぜて食べると幸せな気分になります。

 

ちょっと気分を変えて食後のコーヒーまでいただきました。これも別腹。

 

 

 

左にちょっと見えるチョコが絶品☆これも手作りだそう。

個人的に買って帰りたいと言ったら「また食べに来てね」ですって泣き顔

「次回はすてきな彼氏と来るよ」と遠い目をしながらマネージャーさんと約束した私。

 

帰る前にレストラン内にあるお化粧室に立ち寄りました。

大好きな香りに包まれた大理石の化粧台のトイレ。

トイレまですてきです。

 

 

 

「スパゴ」にはオープンスタイルのテラスラウンジもあります。

 

 

 

こちらでは朝食をいただくこともできます。

 

プール側はシティービューですが、反対側の眺めはこんなかんじ。

この日は曇っていて残念ながら見えませんでしたが、晴れた日には遠くにチャンギ空港が望めます。

 

  

 

眼下にはガーデンバイザベイのドームが見えます。

そして、たくさんのコンテナー船が停泊しています。

 


 

大型客船(右端に停泊中)をパチリ。

こちらも晴れていれば、インドネシアのバタム島やビンタン島まで見えます。

 


 

実はこちらのレストランは年齢制限がありますのでご注意を。

--------------------------------------------------------------------------

ダイニングルーム : 13歳以上。お子様は大人の同伴が必要です。
テラス席 (午後9時以降) : 19歳以上

--------------------------------------------------------------------------

平日のランチでもお客様はとても多いので、お早目の予約をおすすめします。

 

◎スパゴ/SPAGO BY WOLFGANG PUCK

【所在地】マリーナベイサンズ サンズスカイパーク タワー2 57階

【電話番号】6688-9955

【営業時間】ダイニングルーム

ランチ: 正午~2:30PM(毎日)

ディナー: 日~木曜日 6:00PM~10:00PM/金・土 6:00PM~11:00PM

【ドレスコード】ダイニングルーム : ビジネスカジュアル (男性は長ズボン、襟付きシャツ、足の甲が隠れる靴)

【交通アクセス】地下鉄(MRT)「ベイフロント駅」徒歩約3分

【URL】http://jp.marinabaysands.com/restaurants/celebrity-chefs/spago.html

 

※ご予約・お問い合わせはJCBプラザ ラウンジ・シンガポールJCBプラザ・シンガポールまでどうぞ。

 

 

もっと情報を見る!

あわせて読みたい関連記事すべて見る