イタリア

旅する前に、おトクを検索。たびらば 旅LOVER

presented by JCB

たびらばとは?

レストラン
  • 投稿者:JCBプラザスタッフ
  • 2016.11.13

ローマ・ゲットー地区の老舗 リストランテ・アル・ポンピエレ

今回は雰囲気あるゲットー地区にあるおいしいレストランをご紹介します。

 

            

 

AL POMPIERE/ アル・ポンピエレは1500年代に建てられた、

Palazzo Beatrice Cenci (パラッツォ・ベアトリーチェ・チェンチ)の1階(日本式2階)にあります。

 

ポンピエレとはイタリア語で消防士のこと。 
初代のオーナーは「ペンネ・アッラッビアータ(唐辛子のきいた辛いトマトソースのパスタ)」の名人だったそうです。
ただ、それは口から火をふくような辛さだったため、ワインや水をお客様にふるまい「火」を消す必要があった、

ということから消防士というあだ名が付けられ、店舗名にもなりました。

店舗のシンボルも、アツアツのお肉料理にワインをかける消防士さんなんです♡ 

 

   

建物の2階にある店内は、とても良い雰囲気。
窓から見える外の景色と、壁に飾られた絵画が、居心地の良い空間を創り出しています。

各部屋の天井には16世紀に描かれたフレスコ画を見ることができるんです!

 

さて、気になるお料理ですが、伝統的なローマ料理、新鮮なお魚料理、季節のお野菜を使った副菜などが楽しめます。
 


これからの季節は、お肉の詰め物をしたアツアツのカネロニのオーブン焼き(Cannelloni al forno) や、

コクのあるトマトソースのパスタなどもおいしいですよ。

メニューは季節にあわせて変わります。メインディッシュも海の幸、山の幸と楽しめます。

ローマ料理には欠かせない仔羊肉のグリルや、オックステールの煮込み、

トリッパをはじめ、手長エビやスズキなどのグリルなどシーフードもおすすめです。
 

 

火曜日はパスタ・エ・ファジョーリ(インゲン豆のスープパスタ)、金曜日は魚料理など、

地元の習慣にあわせた本日のおすすめ料理などもあるので、店舗の方におすすめを聞いてみてくださいね。

 

  
パンナコッタやティラミスなどホームメードのデザートもイタリアを代表するメニューが勢揃い。


スタッフの対応も親切で、安心してお食事を楽しめます。

昔ながらのローマを感じさせる、アル・ポンピエレ。ご旅行の記念のお食事にいかがですか?

 

        旅行の際はJCBカードをお忘れなく

 

 ◎ AL POMPIERE /アル・ポンピエレ

所在地: Via Santa Maria Calderari, 38 Roma
電話番号: 06 6868377
営業時間: 12:30PM~3:00PM、7:30PM~11:00PM
休業日: 日曜日、主な祝日
アクセス: トッレ・ディ・アルジェンティーナ広場( Largo di Torre argentina) から」徒歩約4分、
     ベネチア広場(Piazza Venezia )から徒歩約10分 

 

予算: 前菜     4~14ユーロ
    プリモ(*)  10~16ユーロ
    メイン    15~24ユーロ
    デザート   6~10ユーロ

(*)前菜の次にでる、第一の料理を意味します。

      

アル・ポンピエレ公式ホームページ

◎ご予約、お問い合わせ

JCBプラザコールセンター(日本):(日本から)電話でお申し込みください(通話料無料)。
JCBプラザ・ローマ:カウンターへご来店または電話でお申し込みください。
JCBプラザ・ミラノ:カウンターへご来店または電話でお申し込みください。

※上の情報は2016年10月下旬のものであり、営業状況などは店側の都合により予告なく変更となる場合があります。

 

 

 

 

 

もっと情報を見る!

あわせて読みたい関連記事すべて見る