フランス

旅する前に、おトクを検索。たびらば 旅LOVER

presented by JCB

たびらばとは?

レジャー
  • 投稿者:JCBプラザスタッフ
  • 2017.04.27

モネ好きは必見!マルモッタン・モネ美術館

マルモッタン・モネ美術館は、16区の高級住宅街に佇む邸宅美術館
この建物は元々ヴァルミー公爵の狩りを楽しむ際の別荘で、1882年にジュール・マルモッタンが購入し、息子のポールが邸宅へと改装しました。
行き方は難しくはありませんが、最寄りのメトロ「ラ・ミュエット」駅から8分程歩きます。まず、駅の出口前の道路を渡り左に進むと、元駅舎だった目立つ外観の、「LA GARE」というレストランが左手に見えます(写真下)

さらに5分程進むと、正面にある公園(Jardin du Ranelagh )があります。公園を通り過ぎると見えてきました!やや右前方の細い道の右側にあるのが美術館です!木々に囲まれていましたが、企画展の大きな垂れ幕があったので、見つけやすかったです笑顔

     


                                                                                                                                                                                                   
入口前の階段を上り、右側の「Accées au Musée →」という案内どおりに進むと、チケット購入窓口があります。 
日本語のオーディオガイド(3EUR)もあるので、充実した鑑賞にぜひ利用してみてはどうでしょう?ウィンク 窓口で代金を支払った後、「Audio」と書かれた場所で受け取れますよ!
お支払いはJCBカードでどうぞ

1階には、ポール・マルモッタンのコレクションであったナポレオン時代の調度品や絵画のほか、印象派絵画、企画展、ショップがあります。
この美術館の特徴のひとつである「元貴族の館」というだけあって、テーブルセットやお花、絵画が生み出す空間がなんともすてき 豪華な雰囲気のなか、心地良く絵画を鑑賞できます花

    


                                                                              
                                                                                                                                                                                      

            
モネ好きの方々は地下へ 企画展を観た方も、地下の常設展はお見逃しなく!たっぷり時間をとって鑑賞する価値があります
モネの代表作「日の出」をはじめ、モネの作品がたくさんあります目 デコメメ絵文字 
作品の多くはクロード・モネの遺贈であり、マルモッタン美術館は世界で最もモネの絵画を所蔵している美術館なのです

「睡蓮」の連作は奥行きのある円状のホールに展示されています。これだけ広々とした空間なので、作品との距離感による微妙な見え方の違いも面白いです。
また、生涯を通して描き続けたモネですが、年号にも注目しながら見ると、より鑑賞を楽しめるかもしれません!睡蓮の世界に浸りながら鑑賞できますよ花

   

                                                                      

                                                                             

2階には、ベルト・モリゾの絵画を主とした印象派絵画があり、ダニエル・ウィルデンシュタインの部屋では宗教画が鑑賞できます。

                                                                             
                                                            
                                                                                                                                       
1階で行われる企画展のテーマは、マルモッタン・モネ美術館に関連のあるものだそうです。
プラザ・スタッフが行った時には、モネとの親交が深かった印象派の先駆者「ピサロ」の企画展が開催中でした。[2017年7月2日(日)まで]音符 デコメ絵文字
英語とフランス語の説明パネルがありました。印象派グループのリーダーであり、マネが師として選んだ画家ピサロの一生が凝縮されている内容で、鑑賞後にはすっかりピサロのファンになりましたハート デコメ絵文字

この「ピサロ展」の次の企画展は、 2017年9月14日(木)~2018年1月14日(日)まで、「Monnet Collectionneur(モネ・コレクショナー)」が開催予定です。


                                                                                                                             
                                                                                                                                               



                                                                                                                                                                                     
鑑賞後は、1階のショップでモネグッズをチェックしてみてはいかがでしょうか? 文具や本だけでなく、雑貨にも注目ですウィンク デコメ絵文字
ここならではのユニークな睡蓮の風呂栓やすてきなティーカップもありました笑い  お支払いはぜひJCBカードで

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
ちなみに、おすすめの鑑賞時間帯を伺ったところ、ランチの時間帯だそうですまた、木曜日は遅くまであいていますので、ディナーの時間帯がおすすめです!
心地良く印象派絵画を楽しめる、マルモッタン・モネ美術館。 パリの中心地から若干離れていますが、おすすめですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?ウィンク


※通常、写真撮影はできません。本記事は、美術館に許可を得て、写真掲載をしております。



入館料 
・一般 : EUR11
・オーディオガイド: EUR3
※パリ・ミュージアム・パスの利用不可。

      
◎マルモッタン・モネ美術館/Musée Marmottan Monet
所在地:2 RUE LOUIS-BOILLY 75016 PARIS
電話番号:01-44-96-50-33 
営業時間:【美術館】火・水・金~日 10:00AM~6:00PM/木 10:00AM~9:00PM 【おみやげショップ】10:00AM~5:50PM
※入場は閉館30分前まで。
定休日:月曜 、元日、5/1、12/25
交通手段:メトロ9号線「La Muette(ラ・ミュエット)駅」から徒歩約8分、市バス32番「Louis Boilly(ルイ・ボワリー)停留所」 から徒歩約1分
            またはRER C線「Boulainvilliers (ブランヴィリエ)駅」から徒歩約10分


マルモッタン・モネ美術館公式HP(英・仏)


◎お問い合わせ
日本から(お電話):JCBプラザ ラウンジ・パリJCBプラザコールセンター(日本)
現地にて(お電話・ご来店):JCBプラザ ラウンジ・パリJCBプラザ・パリ

※上の情報は、2017年3月中旬のものであり、施設の都合により、予告なく内容が変更となる場合があります。

もっと情報を見る!

あわせて読みたい関連記事すべて見る